HOME > トップページ

ライフカードを活用

ライフカードを活用してポイントを貯めるというのもいいでしょう。チャージポイントが貯められるクレジットカードというのは少しずつ減ってきてしまっているのが現状です。EDYチャージポイントがほとんどの会社でつかなくなったのは記憶に新しいですね。

ライフカードのポイント還元率はとてもよく、年会費無料のカードとしては最強といってもいいぐらいの高いポイント還元率を誇るカードです。

SMART ICOCA(スマート イコカ)のチャージでもポイントがつきますので現金チャージよりもお得です!

現在はキャンペーンもやっているようなので、この機会に申し込むのをお勧めしますよ~!

チャージポイントを貯める

クレジットカードを使うとチャージポイントを貯められるのでお得です!現金ではポイントがたまりませんからね・・・。おススメは下記のクレジットカードです。

NTTグループカード・・・ウェブ明細で年会費無料

ファミマTカード・・・年会費無料
ANAアメリカン・エキスプレス・カード…年会費5,250円。100円で1ポイント(1マイル)貯まります。
ライフカード…年会費無料。1000円で1ポイント(4マイル)貯まります。

なお、逆にポイント付与対象外のカードもあるので注意しましょう(小田急ポイントカード【OPクレジット】JALカードANA VISA SuicaカードJCBカードなど)

個人的には、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがおススメですが、年会費がかかってしまうので、年会費無料のライフカードをまず持ってみるのもいいかと思います。


チャージ方法は

SMART ICOCAは1種類しかありません。

定期券を追加購入した場合に「SMART ICOCA定期券」という名称でよばれますが、手持ちのSMART ICOCAの表面に購入した定期の内容が設定されるだけのものです。

異なった種類のカードに交換されるわけではないので、実質は1種類しかありません。

SMART ICOCAを入手するにはどうしたらいいのでしょうか。

申し込みのためには、J-WESTカードなど、対応するクレジットカードないし高校生相当の年齢で取得できるVISAデビットカードを持っている必要があります。

駅などに備え付けの申込書に必要事項を記入して郵送してください。

大阪駅のClub J-WESTサービスコーナーの窓口で申し込む方法もあります。

SMART ICOCAのチャージ方法には2つの方法があります。

一つ目は、クイックチャージです。

SMARTICOCAはクレジットカードで決済するため、現金は必要ありません。

ICOCA対応の自動券売機、およびチャージ機でチャージすることができます。

クレジットカードを挿入する必要がなく、暗証番号の入力も不要です。

二つ目は、現金でのチャージです。

ICOCA対応の自動券売機・のりこし精算機を使用して、通常のICOCAと同じ手順でチャージすることができます。

チャージ機では、原則クイックチャージになりますが、それが不可能な場合には、現金でチャージすることができます。

SMARTICOCAに切り替える

ICOCAを使っている人の中には、SMARTICOCAが気になっている人も多いかと思います。

ICOCAが持つ機能にプラスして、クレジットカード決済によりキャッシュレスでカードにチャージ(入金)することができます。

また、JR西日本のポイント制度である「J-WESTポイント」が利用状況に応じて加算(200円に対して1ポイント)されたり、貯まったポイントでチャージができたり、景品へ交換することができます。

他には、インターネットを通じて携帯電話やパソコンでSMART ICOCAの利用履歴を確認することができたりもします。

最初のうちは、J-WESTカード会員にしかSMARTICOCAの利用ができませんでした。

しかし、現在では、J-WESTカード会員ではなくても利用することができます。

カードの表には利用者の性別と氏名がカタカナで記載されています。

紛失した場合にチャージ金額の補償を受けられるメリットがあります。

SMARTICOCAの図柄は、「カモノハシのイコちゃん」がデザインされています。

そして、ICOCA定期券からSMART ICOCA定期券への切り替え促進キャンペーンが展開されています。

「バトンタッチしてICOCA(いこか)」というキャッチフレーズがその例です。

ICOCAとの違いは

SMART ICOCA が登場しました。

ところで、SMART ICOCAと普通のICOCAは、何が違うのでしょうか?

何が便利になっているのでしょうか。

SMARTICOCAはクレジットカードを予め登録する必要があるICOCAになります。

そのため、現金が無い場合のチャージやカードを紛失した時の再発行が可能なICOCAです。

逆に、ICOCAはクレジットカード等の登録が必要ありませんが、現金チャージが必須で紛失時の再発行することができません。

チャージを使った際に多少ポイントがもらえる他は、特に違いはないようです。

では、SMARTICOCAと普通のICOCAのどちらを選んだら良いのでしょうか。

どちらを使っても大差がないことを考えると、個人情報をJR西日本に公開したくない人は、ICOCAを選択した方が良いでしょう。

使い勝手のいい方を選んでください。

また、ICOCAにクレジットカードで入金するにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは、JR西日本のICOCAが使える範囲内のみどりの窓口に行きます。

そして、ICOCAと使いたいクレジットカードを窓口に提示します。

そうすれば、チャージ額などを確認して処理してもらえますよ。

SUICAのチャージについて

SUICAのチャージを利用されている方も多いかと思います。

スイカは東日本のものになりますが、最近はJRでは相互利用が出来るようになってきましたね。

ただ、地下鉄での利用が西日本だとできなかったりするので注意が必要です。

オートチャージをしておくと、チャージ切れということがないので大変便利です。